スポンサーリンク

中性脂肪は動脈硬化に大きく影響しています。中性脂肪そのものが動脈硬化の原因になったり、中性脂肪それ自体がコレステロールのように血管壁に沈着して血液の流れを悪くすることはありません。しかし中性脂肪は間接的に動脈硬化を進行させ、動脈硬化ができやすい環境を作る因子になります。中性脂肪が血液中に増えると、コレステロールを小さくして血管壁に沈着させやすくし、血管内腔に貯まったコレステロールや老廃物を取り除く善玉コレステロールを減少させてしまいます。 さらに中性脂肪が高いと血栓ができやすくなります。中性脂肪が多いと凝血作用物質が活発に働き、血液を流れやすくする物質の働きを妨げてしまうため、血栓を生じ動脈硬化を招きます。

血管は内膜、中膜、外膜の3層からできていて内膜はさらに内皮細胞という細胞におおわれています。内皮細胞は血液が固まるのを防ぎ、血管を拡張するなど動脈硬化がおこらないよう働きますが、脂肪が多くドロドロになった血液で血管への負担が続くと、血管の内皮細胞は傷つき動脈硬化を防ぐ働きを失ってしまいます。 血液中の悪玉コレステロールは弱くボロボロになった内皮細胞の合間をぬって内膜に入り込み沈着していきます。沈着したコレステロールはしだいに酸化し、酸化コレステロールへと変化していきます。白血球のひとつ(マクロファージ)は体内に侵入した細菌、ウイルス、死んだ細胞を捕食消化する、言わば体内をクリーンにする働きをしますが、白血球が沈着し酸化したコレステロールを処理しようと食べ、やがてマクロファージは死んでいきます。血管内膜にはコレステロール、脂肪、細胞の死骸が沈着物として堆積し血管内腔はどんどん狭くなっていきます。この状態が動脈硬化です。

血管内に動脈硬化ができると血流が悪くなり、各組織や細胞へ酸素や栄養素が上手く運ばれず、心臓や脳といった体の重要部分に対しては致命的な状態を引き起こしてしまいます。血管内の沈着物により血のかたまり(血栓)ができ完全に血管を塞いでしまうと、心筋梗塞や脳梗塞になります。