中性脂肪が招く症状・病気

中性脂肪と動脈硬化

中性脂肪は動脈硬化に大きく影響しています。中性脂肪そのものが動脈硬化の原因になったり、中性脂肪それ自体がコレステロールのように血管壁に沈着して血液の流れを悪くすることはありません。しかし中性脂肪は間接的に動脈硬化を進行させ、動脈硬化ができやすい環境を作る因子になります。中性脂肪が血液中に増えると、コレステロールを小さくして血管壁に沈着させやすくし、血管内腔に貯まったコレステロールや老廃物を取り除く善玉コレステロールを減少させてしまいます。 さらに中性脂肪が高いと血栓ができやすくなります。中性脂肪が多いと凝血作用物質が活発に働き、血液を流れやすくする物質の働きを妨げてしまうため、血栓を生じ動脈硬化を招きます。

血管は内膜、中膜、外膜の3層からできていて内膜はさらに内皮細胞という細胞におおわれています。内皮細胞は血液が固まるのを防ぎ、血管を拡張するなど動脈硬化がおこらないよう働きますが、脂肪が多くドロドロになった血液で血管への負担が続くと、血管の内皮細胞は傷つき動脈硬化を防ぐ働きを失ってしまいます。 血液中の悪玉コレステロールは弱くボロボロになった内皮細胞の合間をぬって内膜に入り込み沈着していきます。沈着したコレステロールはしだいに酸化し、酸化コレステロールへと変化していきます。白血球のひとつ(マクロファージ)は体内に侵入した細菌、ウイルス、死んだ細胞を捕食消化する、言わば体内をクリーンにする働きをしますが、白血球が沈着し酸化したコレステロールを処理しようと食べ、やがてマクロファージは死んでいきます。血管内膜にはコレステロール、脂肪、細胞の死骸が沈着物として堆積し血管内腔はどんどん狭くなっていきます。この状態が動脈硬化です。

血管内に動脈硬化ができると血流が悪くなり、各組織や細胞へ酸素や栄養素が上手く運ばれず、心臓や脳といった体の重要部分に対しては致命的な状態を引き起こしてしまいます。血管内の沈着物により血のかたまり(血栓)ができ完全に血管を塞いでしまうと、心筋梗塞や脳梗塞になります。

中性脂肪と不妊

中性脂肪は多すぎても少なすぎても不妊に影響してきます。

不妊の原因にはホルモンバランスの乱れ、プレッシャーやストレスといった心因的なものを含め、人それぞれ様々考えられますが、体の「冷え」は赤ちゃんをできにくくしている要因のひとつです。最近では20〜30代の妊娠適齢期の女性でも慢性的に冷え性を抱える人が多く見られます。体の冷えは、血液の流れが悪く体に必要なエネルギーや栄養素、酸素などが体の各部にいきわたらないことで起こります。 不妊の場合、子宮や卵巣への血流が不足し、妊娠に重要なホルモンバランスを崩していることが考えられます。妊娠に至るには、卵子の成熟、排卵、受精卵の着床準備などのためにホルモンが働きますが、冷え性で血液循環が悪く、充分なホルモンが分泌されない、上手く運ばれないことが起こると妊娠に大きく影響してきます。

冷え性の原因は色々あります。ストレスやホルモンバランスの乱れなど自律神経が乱れると血管収縮によって血行は悪化し、冷暖房は体が本来持つ温度調節機能を麻痺させ、体にフィットしたきつめの下着は、毛細血管を圧迫して血の巡りを妨げます。さらに、スィーツやお菓子などの甘いもの、脂肪分が多い肉類や乳製品を食べ過ぎて血液中の中性脂肪やコレステロールが多いことも冷え性を招きます。脂肪分の増えた血液は粘性を増してドロドロになり、スムーズに流れることができず血行不良を起こし冷えを生じます。

サンマ、イワシ、サバなどの青魚に含まれるEPAやDHAは、血液中のコレステロールや中性脂肪を下げて血行を良くします。ビタミンEを多く含む玄米、胚芽、うなぎなどの食品と一緒に摂ると相乗効果で妊娠しやすくなるため積極的に食べましょう。

中性脂肪やコレステロールが少なすぎても妊娠に影響します。生殖に関わる女性ホルモンは脂肪細胞から分泌される生理活性物質が関係しており、体脂肪が極端に少なく、脂肪細胞からのサイトカインが分泌されないと女性ホルモンの原料が不足しホルモンバランスに影響します。さらに、妊娠や生殖器官を正常に機能させるために必要なホルモンはコレステロールを原料に副腎皮質、精巣、卵巣、胎盤などで作られているのため、ダイエットでタンパク質や脂質の極端な摂取制限をしてしまうと、ホルモンを作り出せなくなります。原料がないのでホルモン量は低下し、バランスを崩して不妊の原因を作ります。

中性脂肪は赤ちゃんをできやすくも、できにくくもする要素があります。上手くコントロールして不妊の悩みを解消しましょう。

中性脂肪と肥満

中性脂肪はいわばエネルギーの貯蔵庫。食べすぎによる脂質や糖質の摂り過ぎ、運動不足によるエネルギー消費が不充分な状態が続くと余った脂質、糖質も肝臓で合成されて脂質となり、皮下や内臓に貯えられます。 肥満とは正常な状態に比べて体重が多い状態、あるいは前述したよう中性脂肪が細胞組織に過剰に蓄積された状態を言います。肥満の判定は、身長あたりの体格指数(BMI)=体重(kg)÷身長(m)÷身長(m)で算出され、この体格指数が25を超えると肥満と診断されます。肥満は糖尿病、高脂血症、高血圧の最大の危険因子で、これらが合併すると動脈硬化を経て、血管や心疾患を起こしやすくなることから「死の四重奏」と不気味に言われる恐い病気です。

肥満のタイプは大きく2つに分けられます。

ひとつはりんご型(上半身肥満)と言われるタイプで主にお腹から上に脂肪がたまるタイプで男性に多く見られる肥満です。このタイプの肥満は内臓脂肪型肥満とも言われ、生活習慣病を引き起しやすいと肥満型です。

もうひとつは洋ナシ型(下半身肥満)と言われるタイプでお腹から下に脂肪がたまるタイプで女性に多く見られる肥満の典型です。どちらにしても肥満は身体に負担をかけ、あらゆる病気にとって好ましくありません。生活習慣を改善するなどして中性脂肪コントロールとともに肥満を解消していくことが必要です。

肥満と中性脂肪の問題点は、太れば太るほど中性脂肪が増えていくことです。脂肪組織で中性脂肪が多くなると、中性脂肪は脂肪酸に分解されて肝臓へ運ばれます。肝臓では運ばれてきた脂肪酸を材料に中性脂肪が合成され、血液中に放出されます。中性脂肪は血液にのって全身を巡り、エネルギーとして使われなかったものは体各部分で再度脂肪組織に取り込まれ、蓄積していきます。肥満は促進され、中性脂肪が脂肪を増やす悪循環を招きます。

中性脂肪と蕁麻疹

中性脂肪が非常に高い値を示す脂質異常症では、発疹性黄色腫ができます。いわば脂肪のかたまりで、全身特に胸、背中、おしり、おなかに約2〜3mm大のニキビや蕁麻疹のような黄色っぽいぶつぶつができ、その周りは赤くなります。血漿中のリポタンパク(脂肪とタンパク質の化合物)を取り込んで脂肪分をためた細胞が徐々にしみ込み皮膚上に浮き上がって起こります。脂肪分を食べると悪化しますが、中性脂肪値が下がると消えます。

 中性脂肪と同じく血液中のコレステロール値が高くても同じように、脂肪のかたまりが皮膚の表面上に浸潤してくることがあります。コレステロール値が高い場合に最も多く見られるのは眼瞼黄色腫(がんけんおうしょくしゅ)で、上まぶたの内側に黄色い扁平な盛り上がりができます。ひじ、ひざなどの関節部にできるものを結節性黄色腫(けっせつせいおうしょくしゅ)、おしりや背中にできるものを皮膚黄色腫といい、どちらの場合も黄色っぽいぶつぶつができます。さらにアキレス腱部分にもコレステロールはたまりやすく、アキレス腱が太くなったり、でこぼこと盛り上がる症状があります(腱黄色腫)。

 黄色腫は体内の脂肪分が多すぎて皮膚表面上に浸潤してきているだけなので、痛みやかゆみなどはなく皮膚表面上では黄色っぽいニキビや蕁麻疹、柔らかなふくらみとして見えるだけです。しかし、脂肪分が浮き上がってくるぐらい血液中には脂肪分があふれ、カロリーオーバーの状態です。治療法は原因となる中性脂肪やコレステロールの正常化に尽きます。脂肪分の値が正常化することで黄色腫は軽減し、多少減少・改善が見られます。

中性脂肪を正常化するには、運動をして脂肪を燃焼する、禁煙やストレス解消に努め生活習慣を見直すなどがありますが、脂肪量は日頃の食生活に大きく影響されるため中性脂肪改善の基本は食事にあります。

基本的には

  1. 食べすぎない
  2. 偏食をせず栄養のバランスが取れた食事をする
  3. 甘いもの、お菓子、果物の摂取を控える
  4. 脂質の多い食品は控え、質のよい油脂分をとる
  5. 飲酒を控える

これらを実践することが必要です。しかしバランスの良い食生活ができていない、食事をコントロールするのが難しい人は、食品の機能成分を生かした栄養補助食品やサプリメントを上手に活用しましょう。

中性脂肪とめまい

中性脂肪値が高いというだけでは大きな病気ではありません。軽症であれば自分で改善も可能で特に食事生活の見直しにより改善が見られます。血液中の中性脂肪で気をつけなければならない大きな理由は、中性脂肪が招く生活習慣病、動脈硬化、高血圧症を引き起す原因となるためです。動脈硬化や高血圧で促される血液・血管の不健康は、現段階で普段の生活に支障をきたしていなくても徐々に生活習慣病を慢性化させ、ひいては脳梗塞、心筋梗塞などの血管疾患を発症します。自覚症状に乏しく症状が表面化する頃には病気が進行しており、突然の発作が生死を分かつ原因になりかねません。

自覚症状が分かりにくいとは言え、身体は異常があれば必ず何かしらのシグナルを発しています。思わぬ症状が重い病気の前触れの場合もあるので、決して過信せず、また症状を習慣化させてしまわないよう日頃から自分の健康に関心を持ち、健康と向き合うことが大切です。

めまいという症状がある場合は、何らかの原因で脳へ血液が上手く循環されず、血圧の正常なリズムが乱れてコントロールが困難になっているサインです。血液は酸素や栄養素を脳細胞に送る重要な役割をしているので、血液が上手く流れていないということは、高血圧で血流に乱れが生じている、もしくは血管が詰まっていて動脈硬化による脳卒中、脳出血、脳腫瘍など脳にかかわる疾患の可能性が考えられます。

中性脂肪は脳疾患の原因となる動脈硬化に大きく影響しています。中性脂肪自体がコレステロールのように血管壁に沈着して血液の流れを悪くすることはありませんが、動脈硬化を進行、動脈硬化ができやすい環境を作る因子です。中性脂肪が血液中に増えるとコレステロールを小さくして血管壁に沈着させやすくし、血管内腔に貯まったコレステロールや老廃物を取り除く善玉コレステロールを減少させてしまいます。こうした中性脂肪が作り出す環境が動脈硬化を促進させ病気の発症につながります。

中性脂肪と脳梗塞

脳梗塞は、脳の血管が細く動脈硬化を起こしているところに血栓(血のかたまり)が詰まることで発症します。血管が詰まることで血液が流れず、その先の脳細胞や脳組織に栄養や酸素が供給されず、脳細胞は死んでしまいます。早期発見や軽症の場合もありますが、重い症状の場合には発症部位により言語障害、運動障害、麻痺や意識不明に陥ることもあります。

脳梗塞の引き金となる動脈硬化と血栓は中性脂肪と非常に関係性があります。中性脂肪そのものが動脈硬化の原因になったり、中性脂肪それ自体がコレステロールのように血管壁に沈着して血液の流れを悪くすることはありません。しかし中性脂肪は間接的に動脈硬化を進行させ、動脈硬化ができやすい環境を作る因子です。中性脂肪が血液中に増えると、コレステロールを小さくして血管壁に沈着させやすくし、血管内腔に貯まったコレステロールや老廃物を取り除く善玉コレステロールを減少させてしまいます。

さらに中性脂肪が高いと血栓ができやすくなります。中性脂肪が多いと凝血作用物質が活発に働き、血液を流れやすくする物質の働きを妨げてしまうため、血栓を生じ動脈硬化を招きます。血管のつまりのもとになる血栓は、血液成分である血小板の凝血(血を固める)作用により生じます。普段ケガなどで出血した部分にはかさぶたができ、傷口がふさがれて治癒していきます。血栓とはコレステロールやドロドロ血液で血管壁が傷つくと、傷口を治そうと血小板が傷口をふさごうとする、ケガをした時と同じ現象が血管内でおきている状態です。 健康な体では血栓ができないよう酵素が血のかたまりを溶かします。しかしこの酵素がつくられる場所は血管内皮の細胞で、動脈硬化が進行して血管が弱くなると酵素活性も上手く働かず、血栓が溶かされない、できやすい状況を作ってしまうのです。

中性脂肪と頭痛

頭痛は誰もが経験する症状のひとつですが、日頃から血液中の中性脂肪が高い人は、動脈硬化、その進行による脳腫瘍やくも膜下出血の前兆が考えられます。自己判断せず早めに医師に相談し適切な処置や検査を受けましょう。

動脈硬化、脳腫瘍やくも膜下出血などの脳疾患が疑われる場合、その頭痛は脳にむくみが生じてあらわれる痛みです。腫瘍や出血が起こると脳血管が拡張・圧迫され血液中の水分が脳組織に流入し、脳の体積が増えます。容量が増すことで、頭蓋骨に神経が圧迫され痛みが生じます。脳腫瘍の場合には、にぶい頭痛が繰り返しおこり、病気が進行すると痛みは強くなり、力むと痛みを強く感じます。また吐き気がないのに嘔吐したり、目がかすむこともあります。くも膜下出血の場合には、激しい頭痛が突然起り、痛みはどんどんひどくなるのが特徴です。「バットでなぐられたような痛み」とよく表現され、吐き気をともないます。

中性脂肪は脳疾患の原因となる動脈硬化に大きく影響しています。中性脂肪自体がコレステロールのように血管壁に沈着して血液の流れを悪くすることはありませんが、中性脂肪は動脈硬化を進行、動脈硬化ができやすい環境を作る因子です。中性脂肪が血液中に増えるとコレステロールを小さくして血管壁に沈着させやすくし、血管内腔に貯まったコレステロールや老廃物を取り除く善玉コレステロールを減少させてしまいます。こうした環境が動脈硬化を促進させ病気の発症につながります。

血液中の中性脂肪値で気をつけなければならない大きな理由は、中性脂肪が招く生活習慣病や動脈硬化を引き起す原因となることです。動脈硬化が進行することで引き起される血液・血管の不健康は、現状の生活に支障をきたしていなくても徐々に血管へのダメージを大きくして詰まらせ、脳梗塞、くも膜下出血など大きな疾患を発症します。自覚症状に乏しく症状が表面化する頃には病気が進行しており、突然の頭痛が生死を分かつ原因になりかねません。

中性脂肪値が引き起す病気は、生活習慣病をはじめ命に関わる重篤な症状まで多くありますが、食生活の見直しから改善が期待でき、日頃からの自分の健康に対する意識から予防もできます。規則正しい生活、バランスの良い食生活が基本となりますが、忙しい人、管理が難しい人は、できるだけ「小林製薬・ナットウキナーゼ&DHA&EPAセット」「サントリーDHA&EPA+セサミンE」などのサプリメントや栄養補助食品で上手に中性脂肪コントロールに努めましょう。

中性脂肪と腎臓

中性脂肪と腎臓の関係には、腎臓疾患による中性脂肪の異常な上昇が生じるケースと、中性脂肪による動脈硬化が腎不全、腎疾患を引き起しているケースがあります。

腎臓疾患による中性脂肪の異常な上昇が生じるケース

ネフローゼ症候群

腎臓の主な機能は「尿をつくる」ことですが、ネフローゼ症候群を発症すると、健康時には血液中にとどまるタンパク質が尿中に流入し体外へ排出されてしまいます。血液中のタンパク質が少なくなると肝臓ではアポタンパク(タンパク質の一部)の合成が活発になり、同時にコレステロールも作られて中性脂肪も増加します。

慢性腎不全

腎臓機能が低下し正常に働かなくなると体に老廃物が溜まり命に関わる病気に進行します。腎不全では中性脂肪を分解する酵素の働きが落ちるため、血液中の中性脂肪が増加します。

中性脂肪から動脈硬化へ進行し腎不全、腎臓疾患を発症

腎硬化症

腎臓が尿中に体内の老廃物を排出する働きをすることで私たちの体は浄化され、新鮮な血液が循環します。老廃物の排出は、腎臓内の細い血管でろ過することによって行われており、腎臓はいわばこの細い血管のかたまりです。細い血管は詰まりやすく、この部分に動脈硬化を生じると血流が悪くなり、ろ過機能が低下して腎硬化症になります。

高尿酸血症

血液中に尿酸が多量に流入している状態です。健康状態で尿酸は腎臓から老廃物として体外へ排出されますが、血液中に針状の結晶をつくって体の節々に痛みを引き起します。血液中の中性脂肪が増え動脈硬化が腎臓機能の低下を招くと、尿酸の排泄が上手くいかなくなり、高尿酸血症を招きます。