中性脂肪が低すぎる場合は

一般に中性脂肪の正常値は50〜149mg/dl内とされており、150mg/dl以上は高中性脂肪血症、30mg/dl以下を低中性脂肪血症と診断されます。中性脂肪が低くても特別な治療や大きな心配はいりませんが、中性脂肪が極端に低いということは身体に貯蔵エネルギーがない、必要充分な栄養素が足りていないことであり、身体機能に影響が出てくることは否めません。

脂溶性ビタミンなどの栄養素は、血液中の中性脂肪やコレステロールと一緒に体内を移動して細胞の活性化や粘膜の保護に働きます。血液中の中性脂肪が不足しすぎるとビタミンA、ビタミンE、ビタミンK、βカロチンなど脂溶性栄養素が上手く機能せず、免疫力が低下し病気にかかりやすくなります。また血管が衰弱して破れる、弾性を失い動脈硬化を起こす、神経の機能が低下してめまい、立ちくらみ、脳神経の不調にまで発展することもあります。

中性脂肪が低すぎるのは体の栄養不足サインでもあるので、毎日が忙しすぎてきちんとした食事ができていない人、無理なダイエットをしていて体重ばかりを気にする人は生活の見直しが必要です。体質的に中性脂肪が低めの人もいますが、病気を発症していて中性脂肪が極端に低くなることもあります。疑われるのは肝不全や腎不全の他、最も可能性が高いのが甲状腺機能亢進症(バセドウ病)で甲状腺ホルモンが過剰に分泌されて身体の新陳代謝が活発化し、中性脂肪やコレステロールが多量に消費され、低い値を示すことがあります。

中性脂肪は私たちの体内では皮下や内臓に蓄えられ、エネルギー不足に備えた貯蔵エネルギーです。皮下脂肪は寒さから身を守り体温がうばわれないようにする断熱材的な機能を持ち、内臓脂肪は臓器を正しい位置に保持し、衝撃やけがから内臓を守る緩衝材的な役割をします。脂肪細胞からは生殖、免疫、耐糖、血圧などに関わる大切な生理活性物質も分泌しており、中性脂肪は私たちの生命維持や活動に大切な役割を担っています。

高くても低くても健康に良くない中性脂肪は日頃からの正常値を保ち、自分の健康を意識して生活を送ることが大切です。中性脂肪を適性に保つには魚、大豆、野菜、海藻を取り入れたバランスの良い食生活が基本です。特に魚に含まれるDHAやEPAは中性脂肪を下げ、血液を健康にする栄養成分なので積極的に摂取しましょう。 食事を管理するのが難しい人、中性脂肪が高めで気になる人は、食品の機能成分を生かした栄養補助食品やサプリメントを上手に活用して中性脂肪をコントロールしましょう。

女性の中性脂肪

中性脂肪には年齢と性別により変動に差があります。男性の場合、30歳を過ぎた頃から中性脂肪値は急激に上昇し、60代を迎える頃には中性脂肪正常値の150mg/dlを20〜30mg/dl程度超え、病症化する傾向にあります。一方女性は、20代から40代までに中性脂肪値は増加しますが、男性のそれに比べると非常に低く50代後半まで正常値を上まわることはありません。 これは女性ホルモンが脂質代謝をコントロールしているためですが、閉経を迎え女性ホルモンが減少してくる50代〜60代には中性脂肪が急激に増加しはじめます。若い頃さほど気にならなかった方も更年期にさしかかる中高年を境に、中性脂肪の増加に注意が必要です。

体の脂肪量は食生活に大きく影響されます。中性脂肪を改善する5つの基本指針は、

  1. 食べすぎをやめ、適正な食事量にする
  2. 偏食をやめ、栄養のバランスが取れた食事にする
  3. 甘いもの、お菓子、果物の摂取を控える
  4. 脂質の多い食品は控え、質のよい油脂分をとる
  5. 飲酒を控える。

女性はつい甘いものを食べてしまう、糖分や果物に対する誤った認識を持っていることが多いようです。最近はお酒を飲まれる女性も多いので正しい知識を持って食生活に気をつけましょう。

中性脂肪は脂肪分を含む食べ物からの摂取の他、体内で合成され蓄積されていきます。脂肪と糖質、一見全く違う栄養成分ではありますが体内合成により脂肪が蓄積する場合は、糖質が中性脂肪を作る材料になります。お菓子や砂糖に含まれる単純糖質は吸収されやすく、摂りすぎると余剰分は肝臓へ送られ、遊離脂肪酸と一緒に蓄積型の中性脂肪として貯えられていきます。1日の砂糖摂取量は30〜35g以内としましょう。

果物にはビタミン、ミネラル、食物繊維など体にも美容にも嬉しい栄養素がたくさん詰まっています。柑橘系には美肌効果の高いビタミンC、アボカドにはオレイン酸が含まれお肌のターンオーバーを促進、りんごやバナナにはお通じを良くする食物繊維が多いなど美容に気をつかう女性ほど、果物は積極的に摂っていることでしょう。  そんな体にいい果物も摂りすぎは中性脂肪を増やします。果物の80〜90%は水分ですが残りの多くは糖質で、果物の糖質も砂糖と同じ単純果糖なので体に吸収されやすく、余剰分は脂肪へと合成されます。ビタミンやその他の摂りたい栄養素が豊富に含まれますが、1日の果物摂取量は100〜200g/80〜100kcal以内としましょう。

中性脂肪は日頃の食生活管理とともに効果的なサプリメントや栄養補助食品で上手にコントロールすることが大切です。

中性脂肪の検査

中性脂肪の値が正常かどうかを見るには血液検査で調べます。血液検査では、血清成分1dl(100ml)中に何mgの中性脂肪があるかを調べ測定します。中性脂肪が高いもしくは低くくても自覚症状はほとんどないため、血液検査が必ず行われる会社、学校、地域の集団検診や人間ドックでチェックすることが大切です。こうした定期健診できちんと血液検査を受け結果をよく見ることで、自分の健康に向き合うことを習慣化しましょう。 

血液検査の結果、中性脂肪値が正常値内(50〜149dl/mg)であることはもちろんですが、気をつけなければならない大きな点は、中性脂肪は生活習慣病や動脈硬化を引き起す原因となるということです。血液中の中性脂肪が多いことで進行する動脈硬化は血液・血管の不健康を招き、現状の生活に支障をきたしていなくても、徐々に血管への負担を大きくして傷つけ、詰まらせて脳梗塞、くも膜下出血など大きな脳血管疾患を発症します。 血液検査で中性脂肪値が高い値を示してせっかく体のサインがわかっても、自覚症状がないからといってそのままにしておくと病気は徐々に確実に進行し、突然の発作や発症が生死を分かつ原因になりかねません。

中性脂肪の血液検査では特に食事やアルコールによる影響が出やすいため、検査の際、注意事項や指示をきちんと守りましょう。影響を受けやすく変動の大きい検査のため、1回の検査で断定するのではなく、複数回検査を受け自分の基準値を把握するのも良いでしょう。

検査当日、中性脂肪を測る際は空腹時であることが絶対です。検査前は最低12時間(16時間以上が理想)の絶食と断酒が必要です。アルコールは肝臓での中性脂肪合成を促進させる働きがあるので測定前日の飲酒は禁止です。検査前の絶食中、食事はもちろん、糖分の入った飲み物も飲んではいけません。妊娠時やステロイド系の薬を服用している場合には医師に相談が必要です。

中性脂肪値の改善には、運動や生活習慣の見直しなどがありますが、特に食生活の見直すことは基本で日頃から意識的な予防が肝要です。中性脂肪の材料となる主食、お酒、油もの、果物、甘いものの食べすぎには注意し、バランスの良い少量多品目の食生活が大切です。青魚に含まれるDHAやEPAは中性脂肪を下げる働きを持つので積極的に食べたい食品です。 中性脂肪が気になっても食事管理が難しい人はできるだけ効果的なサプリメントや栄養補助食品を使って上手に中性脂肪コントロールに努めましょう。

中性脂肪と内臓脂肪

内臓脂肪とは内臓の周囲、腹筋の内側、腹膜の表面などにつく脂肪をいいます。内臓脂肪には、内臓を正しい位置に保つ、内臓の間にあることで外部からの衝撃やけがから内臓を守る緩衝材的な機能があります。

内臓脂肪が多くなりすぎるのは、肥満を招き血液中の中性脂肪やコレステロールを増やすことにつながり、生活習慣病を引き起す原因になってしまいます。 脂肪細胞からはさまざまな物質が分泌されますが、内臓脂肪の周りは血管が多く張り巡らされているため分泌物は血液にのって直接的に体へ影響を及ぼします。脂肪細胞からは動脈硬化を促進と予防に働く相反する2種類の生理活性物質(サイトカイン)が分泌されますが、内臓脂肪が多いと動脈硬化を促進するサイトカインが増え、予防サイトカインが減少してしまいます。 さらに内臓脂肪はアンジオテンシノーゲンと呼ばれる血圧上昇ホルモンの分泌を促し、高血圧を促進します。このほか、血糖値を下げるインスリンの働きも低下させるために高血糖を招き糖尿病を引き起す原因になります。脂肪が多いと生理活性物質がたくさん分泌され、動脈硬化や糖尿病を誘発してしまうのです。 

内臓脂肪を減らすには20〜30分の有酸素運動が効果的です。脂肪分解の過程においてエネルギー源には使われる順序があり、始めは糖質エネルギーである血液中のグルコースや筋肉中のグリコーゲンが消費されます。体内の糖質エネルギーが少なくなると必要に応じて脂肪が使われます。脂肪は本来、貯蓄エネルギーとしての役割があるため、必要に迫られなければ使われません。貯まった脂肪を酵素の力で分解し、効率よく使うためには体内の糖質エネルギーが不足し、体が温まった状態を作ることが必要です。

20分程度の有酸素運動を行うことで、体内の糖質エネルギーは使い果たされ脂肪からエネルギーを必要とします。脂肪分解酵素のリパーゼは低温では活性が鈍りますが、20〜30分運動することで体も適度に温まりリパーゼの働きが良くなります。リパーゼが活発に働くと脂肪分解もスムーズに進み効率よく燃焼できます。

内臓脂肪解消に食生活の面では青魚を積極的に摂ることです。青魚に含まれるEPAやDHAには脂肪燃焼に関わるミトコンドリアを活性化する作用があり、青背の魚がオススメです。バランスの良い食生活ができない、食事をコントロールするのが難しい人は、食品の機能成分を生かした栄養補助食品やサプリメントを上手に活用しましょう。

中性脂肪とリパーゼ

リパーゼとは膵臓から分泌される脂肪分解酵素のひとつで、中性脂肪を脂肪酸とグリセリンに分解する働きがあります。何らかの因子によりリパーゼの量が少ないと脂肪が分解されず中性脂肪が貯まっていきますが、リパーゼを上手く活性させることで効率よく燃焼し中性脂肪を減らすことができます。

中性脂肪は、3つの脂肪酸とグリセリンが結合して構成された脂肪です。普段は皮下や内臓の脂肪細胞に貯えられ、エネルギーの貯蔵・温存に努めますが、運動によりたくさんエネルギーを要する時、エネルギー摂取量が不充分で体温調節や活動にエネルギーを要する時など、必要に応じて分解され、脂肪酸になり血液中に流出します。中性脂肪から離れた脂肪酸を遊離脂肪酸と呼び、すぐに活動に使うことのできる効率的なエネルギーに変わります。この脂肪分解の過程で必要になるのが脂肪分解酵素、リパーゼの働きです。

中性脂肪は貯蔵のための脂肪ですが、エネルギーの枯渇状況に応じて分解され遊離脂肪酸となって燃焼します。中性脂肪の状態ではエネルギーとして燃焼しないため、いかにリパーゼの働きを活性し中性脂肪から遊離脂肪酸を引き出すかが脂肪燃焼のポイントです。

脂肪分解の過程ではまず、エネルギー源には使われる順序があります。始めに糖エネルギーである血液中のグルコースや筋肉中のグリコーゲンが消費され、体内の糖エネルギーがなくなると、必要に応じて脂肪が使われます。脂肪は本来貯蓄エネルギーとしての役割があるため、必要に迫られなければ使われません。貯まった脂肪を分解し、使うためには体内の糖エネルギーが不足した状態を作ることが必要です。そこで有効なのが20〜30分の有酸素運動です。

20分程度の有酸素運動を行うことで、体内の糖エネルギーを使い果たし、脂肪からエネルギーを必要とします。リパーゼは低温では活性が鈍りますが、20、30分運動することで体も適度に温まりリパーゼの働きが良くなります。リパーゼが活発に働くと脂肪分解もスムーズに進み効率よく燃焼することができます。

中性脂肪を減らすため有酸素運動をすることは効果的な手段のひとつですが、運動に加えて体の脂肪量と食事は大きく影響しているため、バランスの良い食生活をすることが大切です。中性脂肪が気になるが食事管理が難しい人は、中性脂肪を下げるDHAやEPA配合の効果的なサプリメントや栄養補助食品を上手に利用することを心掛けましょう。

中性脂肪と腎臓

中性脂肪と腎臓の関係には、腎臓疾患による中性脂肪の異常な上昇が生じるケースと、中性脂肪による動脈硬化が腎不全、腎疾患を引き起しているケースがあります。

腎臓疾患による中性脂肪の異常な上昇が生じるケース

ネフローゼ症候群

腎臓の主な機能は「尿をつくる」ことですが、ネフローゼ症候群を発症すると、健康時には血液中にとどまるタンパク質が尿中に流入し体外へ排出されてしまいます。血液中のタンパク質が少なくなると肝臓ではアポタンパク(タンパク質の一部)の合成が活発になり、同時にコレステロールも作られて中性脂肪も増加します。

慢性腎不全

腎臓機能が低下し正常に働かなくなると体に老廃物が溜まり命に関わる病気に進行します。腎不全では中性脂肪を分解する酵素の働きが落ちるため、血液中の中性脂肪が増加します。

中性脂肪から動脈硬化へ進行し腎不全、腎臓疾患を発症

腎硬化症

腎臓が尿中に体内の老廃物を排出する働きをすることで私たちの体は浄化され、新鮮な血液が循環します。老廃物の排出は、腎臓内の細い血管でろ過することによって行われており、腎臓はいわばこの細い血管のかたまりです。細い血管は詰まりやすく、この部分に動脈硬化を生じると血流が悪くなり、ろ過機能が低下して腎硬化症になります。

高尿酸血症

血液中に尿酸が多量に流入している状態です。健康状態で尿酸は腎臓から老廃物として体外へ排出されますが、血液中に針状の結晶をつくって体の節々に痛みを引き起します。血液中の中性脂肪が増え動脈硬化が腎臓機能の低下を招くと、尿酸の排泄が上手くいかなくなり、高尿酸血症を招きます。

中性脂肪と遊離脂肪酸

中性脂肪は、3つの脂肪酸とグリセロールが結合して構成されています。普段、中性脂肪は皮下や内臓の脂肪細胞に貯えられエネルギーの貯蔵・温存に努めますが、必要に応じて分解され脂肪酸になり、血液中に出されます。中性脂肪から離れた脂肪酸、これを遊離脂肪酸と呼びすぐに活動に使うことのできる効率的なエネルギーです。体のエネルギーが不足すると中性脂肪が分解されて遊離脂肪酸となり、血液に混ざって体内を循環することでエネルギーとして使われます。中性脂肪は貯蔵のための脂肪ですが、エネルギーの枯渇状況に応じて分解され即効性のある便利なエネルギー、遊離脂肪酸を作り出しているのです。

遊離脂肪酸は、脂肪細胞に貯えられた中性脂肪が分解されてできますが、約20分程度の運動を持続することで脂肪細胞から排出されエネルギーとして消費されます。長時間の運動をするとたくさんのエネルギーが必要になり、中性脂肪がどんどん分解されて血液に流出してきた遊離脂肪酸が消費されます。運動により中性脂肪が減っていくのはこのようなメカニズムからです。

生命活動を維持するための貯蔵エネルギーとしての中性脂肪、エネルギーが必要な時に即座に働く遊離脂肪酸、体の脂肪は体内で大切な機能をしていますが、多すぎても少なすぎても問題です。特に脂肪が多すぎる場合は肥満を招き、肥満は糖尿病、高脂血症、高血圧の最大の危険因子とされており、これらが合併すると動脈硬化を経て血管性心疾患を起こしやすくなることから「死の四重奏」と言われるほど気をつけなければなりません。

中性脂肪が高いと生活習慣病や動脈硬化を引き起す原因となります。動脈硬化が進行することで引き起される血液・血管の不健康は、現状の生活に支障をきたしていなくても血管へのダメージを大きくして詰まらせ、脳梗塞、くも膜下出血など大きな脳血管疾患を発症します。自覚症状に乏しく症状が表面化する頃には病気が進行しており、突然の頭痛が生死を分かつ原因になりかねません。

体の脂肪量と食事は大きく影響しているため、中性脂肪や肥満は特に食生活を見直すことで改善が期待できます。中性脂肪の材料となる主食、お酒、油もの、果物、甘いものの食べすぎには注意し、魚、海藻、野菜を取り入れたバランスの良い食生活が基本です。 食事管理が難しい人はできるだけ効果的なサプリメントや栄養補助食品で上手に中性脂肪を正常化することが大切です。中性脂肪を下げるDHAやEPAを含む「小林製薬・ナットウキナーゼ&DHA&EPAセット」「サントリーDHA&EPA+セサミンE」「鰹頭DHA」「青ざかな習慣」「イマーク」などは中性脂肪コントロールに最適な栄養補助食品です。

中性脂肪の基準値

中性脂肪の数値を確認するには、血液検査が必要となります。血液検査の結果では、分かりやすく「中性脂肪」と記載されるものもあれば、「トリグラセライド」や「TG」と記載されるものもあるので、確認しましょう。中性脂肪の正常な数値は空腹時50〜149mg/dlと言われています。検査の結果、中性脂肪の数値が150mg/dl異常であれば、「高脂血症」と診断される事になります。

生活習慣病の一つである高脂血症は3つのタイプがあり、一つはコレステロールが血液中に多い「高コレステロール血症」、もう一つは中性脂肪が多い「高中性脂肪血症」、そして3つめはコレステロールと中性脂肪が両方とも多い「高コレステロール高中性脂肪血症」とに分けられます。それぞれのタイプで気をつけなければいけないことが変わってきますので、医師の診断後、きちんと指導に従って治療をしないと、高脂血症から動脈硬化など命の危機に関わる病気へと進展しかねません。早期発見、早期治療・予防で防ぐ事のできる生活習慣病は、生活のリズム、食生活、できるところから見直していきましょう。

ここで挙げられた中性脂肪とコレステロールは同じ脂質・脂肪ですが、それぞれの違いはコレステロールとは細胞膜やホルモンを作り出す成分で命の維持に重要な役割を果たしている脂質ですが、増えすぎてしまうことで生活習慣病になってしまいます。一方、中性脂肪とは摂取した栄養で必要以上のものが、皮下の脂肪組織や肝臓に蓄えられた脂質のことで、エネルギー源の脂質ですが、中性脂肪が蓄積されることで体脂肪になります。どちらも生活していくうえで欠かせない脂質ですが、必要以上の量を溜め込むことで病気を引き起こしてしまいます。これは、栄養分だけに留まらず、全ての事がやはり「腹八分目」が一番と言うことですよね。中性脂肪も、コレステロールも生命の維持に負担にならない程度にコントロールする事が大事です。

中性脂肪の数値

中性脂肪の数値を知る為には、血液検査を受ける必要があります。食事によって数値が左右されてしまう中性脂肪の数値を正確に知るには、空腹時に検査を受ける必要があります。健康診断などで前日の9時以降は飲食禁止です。と言われるのは、このような検査で正確な数値を測定する為です。忠告を破って飲食をしてしまった方は数値が正確ではないので参考にしないほうが良いと思いますよ。

中性脂肪の基準値・正常値とされている範囲は40〜130mg/dlとされています。中性脂肪が多すぎることばかりが問題視されていますが、下限の基準値があるということは、少なすぎても問題が生じると言う事を覚えておきましょう。上限の基準数値を超え150mg/dlいじょうの数値が測定されると、中性脂肪の問題だけでなく「高脂血症」と診断され、医師の指導の元治療が必要とされています。

中性脂肪の基準数値は40〜130mg/dlと幅広く設定されていますが、痩せ型で良く身体を動かしている人が下限数値に近く、年齢も中年に入り、日常で身体を動かす事も殆んど無く、お酒が大好きでと言う方が上限の数値に近いと考えられます。

もちろん体型や食生活、職種などによっても変わってくる為一概に決めつけることはできませんが、もし、ご自身があまり運動もしないし体も動かさないけど、食事は確かに油っこいものが好きでお酒も良く飲むな・・・と言う方は一度きちんと数値を測定してみるといいかもしれませんね。

中性脂肪の下限の基準40mg/dlを超え30mg/dl前後になると、今度は中性脂肪がひくすぎる為、原因を探る為に検査が必要になります。中性脂肪といっても生命の維持に必要な成分を含んでいる為、少なすぎてしまうことで生命の危機を脅かす存在となってしまうのです。無理なダイエットや忙しすぎて食事がきちんと取れていない方は、栄養不足により、かなり低い数値が出てしまう事もあるようです。ご自身の中性脂肪の数値は基準値内ですか?

中性脂肪の脅威

体内にはある程度、中性脂肪は必要不可欠です。しかし、度が過ぎて過剰に中性脂肪が体内に取り込まれると、もはや脅威の中性脂肪と言っても、過言ではありません。中性脂肪が良い・悪いということを論じる以前に中性脂肪がわたしたち人間の体内にどのような役割を果たすのか、理解しておく必要があります。

なにかと目の仇にされる中性脂肪ですが、実はわたしたち人間が清明を維持していくのに、ならない役目を果たしています。大きな役割は、エネルギー貯蔵庫としての役割です。体を動かすエネルギー源には、通常は、血液中に含まれる糖分が使われています。糖分を摂りすぎると体に良くないといわれますが、実は糖分も体に必要な栄養素です。糖分が枯渇したときには、中性脂肪が糖分の代わりとなります。

もうひとつは断熱材としての働きがあります。寒い冬にも外気から身を守り、体温を一定に保つためには必要不可欠の存在なのが中性脂肪です。

しかし、必要以上に中性脂肪を貯めこむと、肥満症になるだけではなく、中性脂肪値が一度上がるとなかなか分解されにくいという性質があります。エネルギーに変換されずに、あり余った中性脂肪は、善玉コレステロールを減らして、さらには悪玉コレステロールを増やしてしまいます。これによって、血液がドロドロ状態になり、生活習慣病の原因となります。

中性脂肪が増加しても、自覚症状がなく、健康診断で数値を知って、はじめて気づくことになります。中性脂肪が脅威と言われる理由です。