お茶の効果

目覚めや食後の一服、おやつの時間に飲むことの多いお茶には中性脂肪やコレステロールを下げ、生活習慣病の予防に効果的な作用があります。薬や濃縮型のサプリメントと違って即効性に欠け、毎日続けてこそその効果を期待できますが、食品が持つ機能性成分を生かした自然な食事療法のひとつです。

緑茶や紅茶をはじめとするお茶の独特の渋味・苦味は、お茶に含まれるポリフェノールの一種であるカテキンによるものです。このお茶カテキンには様々な効果がありますが、血液中のコレステロールを下げ、中性脂肪や血糖値の上昇を抑える効果は生活習慣病の予防にもなります。特にカテキンのエピガロカテキンガレートという成分、ビタミンC、ビタミンE、β-カロテンには強い抗酸化力があり、悪玉コレステロールの酸化を防いで動脈硬化予防に働きます。さらにカテキンは脂質や糖質を燃焼しやすくし、体脂肪を減らす効果があるので肥満予防にもよい飲み物です。

ひとくちにお茶といっても色々な種類のお茶がありますが、私たち日本人がいちばん身近に習慣的に飲んできた緑茶にカテキンは多く含まれます。お茶のカテキン成分は非常に酸化しやすいものですが、緑茶の製造工程の中で酸化酵素の働きをとめるため、カテキンはそのまま残ります。烏龍茶に代表される中国茶や歴史ある紅茶は、酸化酵素の働きによって各お茶独特の味と香りが生まれます。豊かな風味や香味が作られた代わりにカテキンは失われます。平安時代から続く日本のお茶の歴史、「茶道」という伝統文化を育んできた日本のお茶文化、日本のお茶!緑茶を飲む習慣をつけましょう。