食事療法で中性脂肪をコントロールする!食物繊維を効果的に摂取しよう

食事療法で中性脂肪をコントロールする!食物繊維を効果的に摂取しよう



日々生活していくうえで生きていく上で、
1日3回の食事は、毎日摂取していくことになります。

中性脂肪を減らそうとするのであれば、
中性脂肪を減らす食事を意識して
食事に取り入れなければいけません。

中性脂肪を減らす食材を意識してバランスよく食事をする

そのためには、中性脂肪が多く含まれる食材は、
どのようなものなのかを意識して
極力控えていくことが重要です。

中性脂肪は身体には必要不可欠なものなので
極端に摂取を控えると栄養バランスを崩すので
栄養バランスを考えて、
適度な摂取を心がけてください。

食事のメニューは、油の濃いメニューが1品あれば、
もう1品には、中性脂肪を減らす作用がある食材を
取り入れるというように、工夫して食事をしましょう。

食材の組合せによっても
バランスのとれた食事にすることができます。

中性脂肪を減らすのに効果的なのは食物繊維

中性脂肪を減らすのに、おすすめな食材は
食物繊維です。

食物繊維は、体内の中性脂肪を吸収して、
老廃物は便として排出されます。

中性脂肪の他に、コレステロールや糖質もすばやく吸収します。
食物繊維は、便秘を解消する働きがあるとされていますが、
同様に中性脂肪を減らす働きももっています。

食物繊維は、1日の必要摂取量は約20gが理想的とされて、
この必要摂取量は、野菜300g、イモ類100g、果物200gくらいに相当します。

もちろん、これだけの食物繊維を1日で摂取するのは難しいので
食物繊維を多く摂取するのであれば、
調理にも工夫をする必要があります。

煮たり炒めたりすれば量を抑えられるので
食べやすく工夫して食物繊維を摂取しましょう。

そのほかに、中性脂肪を減らす食材として、
EPA、DHAと呼ばれる不飽和脂肪酸が豊富に含まれた
イワシやサバなどの青魚が有効とされています。