スポンサーリンク

アジ、イワシ、サバ、サンマなどの背中が青い魚には、生活習慣病を予防・改善する栄養素がたくさん含まれています。健康的な毎日には規則正しい生活と、バランスのとれた食生活が基本になりますが、その中でも青魚は積極的に取り入れたい食品です。

魚は肉類と同じ動物性食品ではありますが、中性脂肪やコレステロールを増やす飽和脂肪酸量が少なく、逆に中性脂肪を減らす働きのあるEPA(エイコサペンタエン酸)やDHA(ドコサヘキサエン酸)を多く含みます。中性脂肪を低下させる作用があるだけでなく、善玉コレステロールを増やし、血栓をできにくくし血液をサラサラにします。血液の健康状態が良いと動脈硬化を予防することができ、血圧を下げることにもつながり生活習慣病を改善します。

EPAやDHAは1日に1gを目安に摂ることを推奨されていますが、EPA・DHAは非常に酸化しやすく高温での加熱調理では成分が失われてしまいます。お刺身で食べるのがベストではありますが、汁物や煮物にして煮汁ごと食べる、網焼きで油を落としてしまうのではなくホイル焼きなどでまるごと食べるなど、調理法を工夫してEPA・DHAを無駄なく上手に摂りましょう。

食べるだけで中性脂肪を減らし、血液をサラサラにする魚は毎日でも食べたいものです。中性脂肪は気になるが食事の管理が難しい人、魚料理が苦手な人などはできるだけ効果的なサプリメントや栄養補助食品でEPA・DHAをはじめとする機能性成分を補い上手に中性脂肪コントロールすると良いでしょう。

さらに青魚にはコレステロール値を下げる働きをするタウリンも多く含まれます。タウリンはアミノ酸の一種で、コレステロールを原料につくられる胆汁酸の合成を活発にします。タウリンが胆汁酸の合成を活発化することでコレステロールは大量に消費され、コレステロール値が下がります。その他、肝臓機能を守る、血糖値を下げる、高血圧を改善するなどの作用もあります。その他、青魚には余分な塩分を体外に排出するカリウム、カルシウムの吸収を助けるビタミンD、糖尿病や動脈硬化の予防・改善に効果のあるビタミンB群、イワシに含まれるイワシペプチドは血圧降下作用など体に嬉しい栄養成分が豊富に含まれます。