中性脂肪の減らし方と改善策

中性脂肪を下げる薬

中性脂肪は体内で体温調節、衝撃防御、活動エネルギーの貯蔵など人間の生命維持活動に多くの重要な役割を果たしますが、過剰に増えすぎると健康を害す原因になります。脂質や糖質の摂り過ぎ、加えて運動不足などで中性脂肪が必要以上に脂肪組織に蓄えられると、太りすぎや肥満になるだけでなく、血液中の中性脂肪が増えすぎて高脂血症、中性脂肪が肝臓に貯まり機能が低下する脂肪肝、血液・血管に負担がかかり動脈硬化など様々な疾患を引き起します。

体の脂肪量と食事は大きく影響しているため、中性脂肪が高く病院での診断を受けた人はまず 食事療法として主食、お酒、油もの、果物、甘いものの食べすぎには注意し、大豆、青魚、海藻、野菜など食物繊維やミネラル、ビタミンを多く取り入れたバランスの良い食生活に改善し、合わせて有酸素運動を取り入れることで経過を見ます。改善効果が思わしくない、中性脂肪値が高すぎる場合などには薬物療法を行います。

中性脂肪を下げる薬として主に次のような薬剤が処方されます。

● フィブラート系製剤;肝臓での中性脂肪の合成を抑えます。中性脂肪を20〜40%低下させ、糖尿病にも効き目があります。消化器系、肝機能に副作用が出ることもあります。

● ニコチン酸製剤;肝臓での中性脂肪合成を抑え、中性脂肪値が25〜50%、総コレステロール値も10〜20%下げる効果があります。副作用が比較的でやすい薬で、顔の紅潮、ほてり、かゆみをともなうことがあります。

● EPA製剤;中性脂肪を下げ、血液が凝固して血栓ができるのを抑制する作用もあるため動脈硬化の進行を抑える効果も期待できます。EPA製剤は魚油から中性脂肪を下げるEPA成分を精製したものなので、薬というよりは食品としてのメリットがあり自然な働きを促します。

EPA製剤が魚油に含まれるEPA(エイコサペンタエン酸)を精製して中性脂肪を下げる薬として処方しているように、食品には血液中の中性脂肪やコレステロールを下げる働きをする機能性成分を含むものがたくさんあります。 賢く利用することで生活習慣病が改善され、多くの健康効果があります。中性脂肪が気になる人や生活習慣病を予防したい人は日頃から自分の食生活と健康に関心を持ち、上手に食事に取り入れましょう。食事の管理が難しい人は、バランスのとれた食生活に自信のない人はできるだけ効果的なサプリメントや栄養補助食品で上手に中性脂肪をコントロールしましょう。

中性脂肪と青魚

アジ、イワシ、サバ、サンマなどの背中が青い魚には、生活習慣病を予防・改善する栄養素がたくさん含まれています。健康的な毎日には規則正しい生活と、バランスのとれた食生活が基本になりますが、その中でも青魚は積極的に取り入れたい食品です。

魚は肉類と同じ動物性食品ではありますが、中性脂肪やコレステロールを増やす飽和脂肪酸量が少なく、逆に中性脂肪を減らす働きのあるEPA(エイコサペンタエン酸)やDHA(ドコサヘキサエン酸)を多く含みます。中性脂肪を低下させる作用があるだけでなく、善玉コレステロールを増やし、血栓をできにくくし血液をサラサラにします。血液の健康状態が良いと動脈硬化を予防することができ、血圧を下げることにもつながり生活習慣病を改善します。

EPAやDHAは1日に1gを目安に摂ることを推奨されていますが、EPA・DHAは非常に酸化しやすく高温での加熱調理では成分が失われてしまいます。お刺身で食べるのがベストではありますが、汁物や煮物にして煮汁ごと食べる、網焼きで油を落としてしまうのではなくホイル焼きなどでまるごと食べるなど、調理法を工夫してEPA・DHAを無駄なく上手に摂りましょう。

食べるだけで中性脂肪を減らし、血液をサラサラにする魚は毎日でも食べたいものです。中性脂肪は気になるが食事の管理が難しい人、魚料理が苦手な人などはできるだけ効果的なサプリメントや栄養補助食品でEPA・DHAをはじめとする機能性成分を補い上手に中性脂肪コントロールすると良いでしょう。

さらに青魚にはコレステロール値を下げる働きをするタウリンも多く含まれます。タウリンはアミノ酸の一種で、コレステロールを原料につくられる胆汁酸の合成を活発にします。タウリンが胆汁酸の合成を活発化することでコレステロールは大量に消費され、コレステロール値が下がります。その他、肝臓機能を守る、血糖値を下げる、高血圧を改善するなどの作用もあります。その他、青魚には余分な塩分を体外に排出するカリウム、カルシウムの吸収を助けるビタミンD、糖尿病や動脈硬化の予防・改善に効果のあるビタミンB群、イワシに含まれるイワシペプチドは血圧降下作用など体に嬉しい栄養成分が豊富に含まれます。

青汁

青汁を定義付けるとしたら「緑黄色野菜をすりつぶしてしぼったもの」の総称と言えるでしょう。その原料はケールや大麦若葉、ホウレンソウ、ヨモギ、コマツナなど様々ですが、多くの緑黄色野菜を使っているため、ビタミン、ミネラル、食物繊維などの栄養素を非常に多く含みます。栄養面で非常に評価できるだけでなく、飲むだけで身体に必要な栄養素が補給できる手軽さも青汁の特徴であり、多くの健康効果があります。

青汁は豊富に含まれるビタミン、ミネラル、食物繊維から便秘解消、がん予防、血液浄化、免疫力UP、デトックス効果などの健康増進が期待できます。 青汁に含まれる食物繊維は、脂肪を分解する消化液・胆汁酸を吸着して体外へ排泄する作用があります。胆汁酸はコレステロールを原料に肝臓で作られる消化液で、腸管で機能を果たすと本来は肝臓へ戻りますが、食物繊維がこの胆汁酸と結びつき、便とともに排泄してしまいます。肝臓は不足した胆汁酸を補おうと血液中のコレステロールを積極的に使うため、コレステロール値は下がります。さらに食物繊維は、腸内で糖質がゆっくりと吸収されるように働くので中性脂肪低下も期待できます。

お茶の効果

目覚めや食後の一服、おやつの時間に飲むことの多いお茶には中性脂肪やコレステロールを下げ、生活習慣病の予防に効果的な作用があります。薬や濃縮型のサプリメントと違って即効性に欠け、毎日続けてこそその効果を期待できますが、食品が持つ機能性成分を生かした自然な食事療法のひとつです。

緑茶や紅茶をはじめとするお茶の独特の渋味・苦味は、お茶に含まれるポリフェノールの一種であるカテキンによるものです。このお茶カテキンには様々な効果がありますが、血液中のコレステロールを下げ、中性脂肪や血糖値の上昇を抑える効果は生活習慣病の予防にもなります。特にカテキンのエピガロカテキンガレートという成分、ビタミンC、ビタミンE、β-カロテンには強い抗酸化力があり、悪玉コレステロールの酸化を防いで動脈硬化予防に働きます。さらにカテキンは脂質や糖質を燃焼しやすくし、体脂肪を減らす効果があるので肥満予防にもよい飲み物です。

ひとくちにお茶といっても色々な種類のお茶がありますが、私たち日本人がいちばん身近に習慣的に飲んできた緑茶にカテキンは多く含まれます。お茶のカテキン成分は非常に酸化しやすいものですが、緑茶の製造工程の中で酸化酵素の働きをとめるため、カテキンはそのまま残ります。烏龍茶に代表される中国茶や歴史ある紅茶は、酸化酵素の働きによって各お茶独特の味と香りが生まれます。豊かな風味や香味が作られた代わりにカテキンは失われます。平安時代から続く日本のお茶の歴史、「茶道」という伝統文化を育んできた日本のお茶文化、日本のお茶!緑茶を飲む習慣をつけましょう。

中性脂肪とDHA

DHAは「頭が良くなる栄養素」「健脳食」などと呼ばれる魚の脂肪分に多く含まれる脂肪酸で、人間の記憶力や学習能力に大きく関係しています。DHAは特に脳をはじめ神経組織に多く存在し、その機能を維持しています。中でも脳の記憶を司る海馬という部分の約20〜25%はDHAで占められ、脳に必要不可欠な成分であり「頭が良くなる栄養素」と言われるゆえんです。  集中力を上げて仕事や勉強効率を上げたい人、さらにアルツハイマーや認知症の改善や乳幼児の脳の発育ために、DHAはたくさんの人が積極的に摂取したい栄養成分です。

DHAを含む魚油は、脳や神経組織、網膜などの発育や機能維持に欠かすことのできない重要な成分であるとともに、肝臓での中性脂肪合成を抑制して血中中性脂肪の低下に作用するとともに、善玉コレステロールを増やします。 血液中の中性脂肪が減ることで血圧は下がり、善玉コレステロールが体内の不要なコレステロールを排除して血管はキレイに健康に保たれます。高血圧、動脈硬化、脳梗塞といった血管疾患、生活習慣病予防や改善にとても効果的な働きをしてくれます。

DHAはマグロ、イワシ、ウナギ、キンメダイ、サバ、ブリ、ハマチなど魚類全般の魚油、特に魚目の周りの脂肪に多く含まれる脂肪酸ですが、私たちの人間の体内でつくることができない脂肪酸です。毎日の食事から摂取する必要があり1日の目安摂取量は、0.5〜1gでサンマ1匹、イワシ2匹に相当します。食品にはDHAをはじめ賢く利用することで健康に寄与する栄養成分がたくさんあります。日頃から食生活と健康に関心を持ち、上手に食事をすることで健康的な毎日を作ることができます。

中性脂肪とEPA

中性脂肪とは、3つの脂肪酸とグリセロールが結合して構成される体に貯えられた脂肪です。普段は皮下や内臓の脂肪細胞としてエネルギーの貯蔵・温存に努めますが、必要に応じて分解され活動エネルギーである脂肪酸になります。この脂肪酸が血液に混ざって体内を循環し、エネルギーとして使われます。中性脂肪はエネルギー貯蔵のための脂肪ですが、体のエネルギー枯渇状況に応じて分解されエネルギーを作り出しているのです。

中性脂肪は貯蔵エネルギーとしての役割の他、皮下に貯えられた脂肪は体温調節に働きます。体の放熱をコントロールして寒い時は体温がうばわれないように、暑い時には外気温が体内に伝わりにくくする断熱材的機能があります。さらに内臓の周りにつく内臓脂肪は、臓器の位置を正しく保ち、外部から受ける衝撃やケガから内臓を守る緩衝材的機能を持ちます。

体温調節、衝撃防御、活動エネルギーの貯蔵など人間の生命維持活動に多くの役割を果たす中性脂肪ですが、過剰に増えすぎると健康を害す原因にもなります。脂質や糖質の摂り過ぎ、加えて運動不足などで中性脂肪が必要以上に脂肪組織に蓄えられると、肥満、血液中の中性脂肪が増えすぎて高脂血症、中性脂肪が肝臓に貯まり機能が低下する脂肪肝、血液・血管に負担がかかり動脈硬化など様々な疾患を引き起します。

そこで中性脂肪の改善に効果的なのが青魚に多く含まれるEPA(エイコサペンタエン酸)です。 EPAは血液の粘度を下げて血液循環を良好にし(血液サラサラ効果)、血小板の凝集による血栓を防止(動脈硬化予防)、肝臓での中性脂肪合成を抑制し、血液中の中性脂肪の低下に作用します。高血圧、動脈硬化、脳梗塞、心筋梗塞といった血管疾患予防や改善に期待できる成分です。

EPAはマグロ、イワシ、サバ、サンマ、ブリなど魚類全般の魚油に多く含まれる脂肪酸ですが、私たちの人間の体内でつくることができない脂肪酸であるため、毎日の食事から摂取する必要があります。日本人の「魚離れ」が進む中、中性脂肪が気になる人は積極的に食事に取り入れたいものです。食品にはEPAをはじめ賢く利用することで健康に寄与する栄養成分がたくさんあります。食事管理が難しい人は、できるだけ効果的なサプリメントや栄養補助食品で上手に中性脂肪をコントロールしましょう。

中性脂肪を減らすのに効果のあるドリンク

中性脂肪に効くドリンク、その基本は水です。 体の約60〜70%は水分でできていて、体温調節や栄養素や老廃物を運搬など重要な働きをしています。特に筋肉や脳には水分量が多く構成成分の約80%を占めます。筋肉や脳に水分が多いのは細胞の代謝活動が活発に行われるためで、栄養素や老廃物の運搬を行っています。十分な水分があれば新陳代謝は高まり、体の脂肪も燃焼しやすくなることで中性脂肪は下がります。

血液もその成分のほとんどが水で、たんぱく質や血球、糖、脂質などが溶け込んでいます。運動や老化により血液の濃度は上がりますが、体の水分は汗、呼吸、尿など日常生活でも使われ、失われて血液濃度が高まるので水分補給が必要です。水を飲むことで代謝が活発になり、老廃物の排泄が促進されて血液が濃縮されるのを防ぎます。

特に血液中の中性脂肪やコレステロール値に問題がある人は、血液濃度が上がり血液がドロドロした状態だと血栓ができやすく、動脈硬化、心筋梗塞、脳梗塞のリスクを高めるので水分を充分に補給し、血液をサラサラに保つことが大切です。

一般的に成人が1日に必要とする水分量は約2〜3リットルですが、食事から約1.5リットルの補給があるので純粋に必要な飲料水としての水分量は1〜1.5リットルぐらいになります。高齢になると生理反応が鈍くなり、身体が水分を欲していても感じにくくなり、身体の水分は日常生活でも就寝中でも、汗や呼吸などの生理活動で自然に失われていくので意識して水分補給に努めましょう。

水を積極的に飲む以外にも、中性脂肪を下げる作用のある食品を利用したドリンクも効果的です。野菜、大豆、お茶、りんご、ヨーグルトなどは中性脂肪を下げる機能性成分や食物繊維を含むので、上手に組み合わせオリジナルドリンクをつくるのもいいでしょう。 レシピ例;ココア豆乳(無糖豆乳200ml、ハチミツ小さじ1、ココア大さじ1)…豆乳のたんぱく質が筋肉や内臓の働きを高めて基礎代謝が上がり、脂肪が燃えやすくなります。ココアの食物繊維は腸内環境を整え、満腹感も得られるドリンクです。

中性脂肪と大豆

大豆は「畑のお肉」といわれるように良質なたんぱく質に富み、カルシウム、ビタミン、カリウム、鉄分といったミネラル分をたくさん含んでいます。さらに大豆にはイソフラボン、サポニン、ペプチドと呼ばれる機能性成分が含まれ、血液中の脂質改善、低カロリーで肥満改善に作用、骨粗しょう症や更年期症状を軽減するなど健康と生活習慣病全般にわたって効果的な食品です。

特に大豆に含まれる良質なたんぱく質は血液中の中性脂肪やコレステロールを低下し血液をサラサラにすることで動脈硬化を予防します。大豆のたんぱく質は、脂肪を分解する消化液・胆汁酸と結合しやすい性質を持ちます。胆汁酸はコレステロールを原料に肝臓で作られる消化液で、腸管で機能を果たすと本来は肝臓へ戻りますが、大豆たんぱく質はこの胆汁酸と結びつき便とともに排泄してしまいます。肝臓は不足した胆汁酸を補おうと血液中のコレステロールを積極的に使うため、コレステロール値は下がります。

さらに大豆たんぱく質のβ-コングリシニンには脂質と吸着し体外へ排泄、脂肪分の合成を抑える、脂肪を燃焼するなどの作用を持つことが分かってきており、大豆や大豆を使った食品を食べることで中性脂肪の低下が期待できます。

中性脂肪は体内で体温調節、衝撃防御、活動エネルギーの貯蔵など人間の生命維持活動に多くの重要な役割を果たしますが、過剰に増えすぎると健康を害す原因になります。脂質や糖質の摂り過ぎ、加えて運動不足などで中性脂肪が必要以上に脂肪組織に蓄えられると、太りすぎや肥満になるだけでなく、血液中の中性脂肪が増えすぎて高脂血症、中性脂肪が肝臓に貯まり機能が低下する脂肪肝、血液・血管に負担がかかり動脈硬化など様々な疾患を引き起します。

ジョギングの効果

20〜30分程度の有酸素運動は、生活習慣病の予防になるだけでなく、中性脂肪値の改善に効果的です。継続的な運動で身体へ少し負荷をかけることは、心肺機能を高め、身体の機能が鍛えられて血液循環が良好になります。体重が正常化することで肥満は解消され、コレステロールや中性脂肪値も適性値を保ち、生活習慣病全般に対して良い効果をもたらします。 

ジョギングなどは手軽にはじめることができる有酸素運動であり、走ることで脂肪は燃焼して中性脂肪が低下、HDL(善玉)コレステロールは増加し、血圧も安定化します。その上、運動をするという習慣が生活を規則正しくし、快食、快眠、快便をはじめ間接的に様々なメリットをもたらします。

中性脂肪値を改善するためにジョギングを行う場合には20〜30分継続することが大切です。脂肪分解の過程においてエネルギー源には使われる順序があり、血液中のグルコース(糖)、筋肉中のグリコーゲン(糖)が消費されて体内のブドウ糖エネルギーがなくなると、必要に応じて脂肪が使われます。脂肪は本来、貯蓄エネルギーとしての役割があるため、必要に迫られなければ使われません。

20〜30分程度ジョギングを続けることで、体内の糖エネルギーは少なくなり脂肪からエネルギーが供給されます。脂肪分解酵素であるリパーゼは低温では活性が鈍りますが、20〜30分運動して温まった身体でリパーゼは活発に働き、脂肪分解がスムーズに進むことで効率よく脂肪を燃焼することができます。

もずくの効果

モズク(水雲、海雲、藻付く)は、枝分かれのある糸状をした褐藻類の海藻です。ミネラルを豊富に含み、表面は多糖類が分泌されていてヌメリがあります。この独特のヌメリ成分はフコイダンと呼ばれる多糖類で、コンブ、ワカメなどの海藻類、ナマコにも同じような物質がありますが、モズクに特に多く含まれます(ワカメやコンブの約5倍)。 フコイダンは普段海藻の葉や茎が潮の流れ、岩場や砂などで傷んだ時に傷口から細菌などが侵入しないようヌメリ成分を分泌してコーティングし、外的環境から身を守っています。

モズクにたくさん含まれるフコイダンには様々な健康効果があります。

  1. 中性脂肪を下げ動脈硬化予防に効果的
  2. 善玉コレステロールを増やし、悪玉コレステロールを減らす
  3. ガン予防
  4. 肝機能向上
  5. 免疫力向上

などに作用し日頃から積極的に摂りたい食品です。

フコイダンが中性脂肪やコレステロールを減らすメカニズムには、まずフコイダンが食物繊維であることが作用しています。食物繊維は腸管内の脂肪分を吸着し便として体外へ排するのを促し、腸内細菌のエサとなって腸内細菌の増殖に働きかけます。腸内細菌が増え活発になるとコハク酸やリンゴ酸をなどの有機酸を作り出され、この有機酸が肝臓に運ばれると、肝臓で中性脂肪やコレステロールが作られるのを抑制するように作用します。

またフコイダンは腸内に分泌される胆汁酸に働きかけます。胆汁酸はコレステロールを原料に肝臓で作られる消化液で、腸管で機能を果たすと本来は肝臓へ戻りますが、フコイダンはこの胆汁酸と結びつき便とともに排泄してしまいます。肝臓は排泄され不足した胆汁酸を補おうと血液中のコレステロールを積極的に使うため、コレステロールは下がります。 

さらに海藻には青背の魚と同様、豊富なEPA(エイコサペンタエン酸)が含まれます。EPAは血液の粘度を下げて血液循環を良好にし(血液サラサラ効果)、血小板の凝集による血栓を防止(動脈硬化予防)、肝臓での中性脂肪合成を抑制し、血液中の中性脂肪の低下に作用します。高血圧、動脈硬化、脳梗塞、心筋梗塞といった血管疾患予防や生活習慣病の改善に期待できる成分です。

モズクにはフコイダンやEPAをはじめ、海の恵みには賢く利用することで健康に寄与する栄養成分がたくさんあります。食事管理が難しい人は積極的に効果的なサプリメントや栄養補助食品で栄養成分を補い、健康管理と中性脂肪コントロールに努めましょう。