中性脂肪が低いのはどれくらい数値

中性脂肪はエネルギー貯蔵のための脂肪で、体内エネルギーの枯渇状況に応じて自らを分解しエネルギーを作り出します。皮下に貯まった中性脂肪は体温調節に働き、皮下の脂肪が体の放熱をコントロールしています。寒い時は体温がうばわれないように、暑い時には外気温が体内に伝わりにくくする断熱材的機能があります。内臓についた脂肪は、臓器の位置を正しく保ち、外部から受ける衝撃やケガから内臓を守る緩衝材的機能を持ちます。

肥満、糖尿病、高血圧症、脂質異常症は、合併すると動脈硬化や重大な血管疾患を引き起すため「死の四重奏」と不気味に呼ばれており、体内で必要不可欠な役割を担っている中性脂肪も多すぎると病気の原因になります。逆に中性脂肪は低すぎても健康上何らかの問題を起こす原因になるので注意が必要です。

一般に中性脂肪の正常値は50〜149mg/dl内とされており、150mg/dl以上は高中性脂肪血症、30mg/dl以下を低中性脂肪血症と診断されます。低中性脂肪血症で中性脂肪が低くても特別な治療や大きな心配はいりません。しかし、中性脂肪が極端に低いということは身体に必要充分な栄養素が足りていな、エネルギーの貯蓄に乏しいことであり、身体機能に影響が出てくることは否めません。

栄養成分の脂溶性ビタミンなどは、血液中の中性脂肪やコレステロールと一緒に移動して細胞の活性化や粘膜の保護に働きます。血液中の中性脂肪が不足しすぎると、ビタミンA、ビタミンE、ビタミンK、βカロチンなどが上手く機能せず、免疫力が低下、病気にかかりやすくなります。また、血管が弱くなって破れたり、神経の機能が低下してめまいや立ちくらみ、脳神経の不調にまで発展することがあるので注意が必要です。

また病気を発症していて中性脂肪が極端に低くなることもあります。甲状腺機能亢進症(バセドウ病)で甲状腺ホルモンが過剰に分泌されて身体の新陳代謝が活発化し、中性脂肪やコレステロールが消費され、低い値を示すことがあります。

高くても低くても健康に良くない中性脂肪は、日頃からの正常値を保ち、自分の健康に対する意識を持つことが肝心です。バランスの良い食生活ができていない、食事をコントロールするのが難しい中性脂肪が気になる人は、食品の機能成分を生かした栄養補助食品やサプリメントを上手に活用しましょう。