コレステロール=生活習慣病、動脈硬化、肥満…など健康を害する因子としてのイメージが強くありますが、私たちの生命維持に欠かすことのできない重要な役割を担っています。 コレステロールは細胞膜を構成する成分のひとつであり、副腎皮質ホルモンや性ホルモンに代表されるステロイドホルモンの材料です。さらに消化液のひとつである胆汁の主成分である胆汁酸もコレステロールを原料に合成されています。コレステロールは生体内でこの3つの必要不可欠な役割を担っているのです。

コレステロールには、その働きの違いによって善玉コレステロールと悪玉コレステロールがありますが、どちらも健康維持には必要不可欠であり両方のバランスがとれてこそ体内で良い働きをしてくれます。善玉コレステロールの主な働きは、血管や各組織から余分なコレステロールを集めて肝臓へ運び、再利用を促す働きをします。

中性脂肪と善玉コレステロールは密接に関係しており、中性脂肪の増減によってコレステロールの量も増減します。中性脂肪が少なくなると善玉が増え、中性脂肪が多くなると善玉が減り、悪玉が増えます。体の要らないコレステロールを回収してくれる善玉コレステロールが減るとコレステロールは血管に貯まり血流が悪くなります。さらに血管が硬くなり血栓ができると動脈硬化を引き起し、心筋梗塞や脳梗塞の原因になります。

中性脂肪が直接的に動脈硬化を促進しているわけではありませんが、中性脂肪の増減がコレステロールの増減にも作用し、間接的に動脈硬化を進行させ、動脈硬化ができやすい環境を作る因子となっているのです。

善玉コレステロールの機能を生かして動脈硬化などの生活習慣病を予防するには、中性脂肪を正常値に保つことが大切です。善玉コレステロールがきちんと機能していれば、体の余分なコレステロールは回収され、血管壁に沈着して血栓を作ったり、動脈硬化を促すことを予防できます。

体の脂肪量と食事は大きく影響しているため、中性脂肪値が高い人、値が気になる人は食生活を見直すことで改善が期待できます。中性脂肪の材料となる主食、お酒、油もの、果物、甘いものの食べすぎには注意し、青魚、海藻、野菜を取り入れたバランスの良い食生活を基本とすることです。食事管理が難しい人はできるだけ効果的なサプリメントや栄養補助食品で上手に中性脂肪を正常化することが大切です。中性脂肪を下げるDHAやEPAを含む「小林製薬・ナットウキナーゼ&DHA&EPAセット」「サントリーDHA&EPA+セサミンE」「鰹頭DHA」「青ざかな習慣」「イマーク」などは中性脂肪コントロールに最適な栄養補助食品です。