スポンサーリンク

中性脂肪とコレステロールは、よく似ていますが、実はまったく性質が異なります。いずれも脂肪の仲間ですが、中性脂肪は、脂肪をエネルギー源として体内に貯蔵して、必要があれば運搬して、生命維持に関わるものです。コレステロールは、副腎皮質ホルモンや女性・男性ホルモンなどを合成しています。いずれも、重要な役割を果たしていますが、取りすぎは禁物です。

ひと昔前の日本人の食生活と近年の食生活を比べると、欧米化の影響で肉食が増えてきました。その影響で、コレステロール値が高い人よりも中性脂肪値の方が高い人の方が多い傾向にあります。

コレステロールには、LDL コレステロール、HDL コレステロールの2種類があります。これらを総称してコレステロールと呼ぶ場合が多いようです。LDL は悪玉コレステロール、HDL は善玉コレステロールとして、知られています。

悪玉と善玉のコレステロールは正反対の特徴があります。悪玉コレステロールを過剰に摂取すると、血管に沈着して動脈硬化を引き起こしやすくなります。善玉コレステロールは、沈着した悪玉コレステロールを取り除いて、動脈硬化を予防する働きがあります。

中性脂肪の正常値範囲は40〜130mg/dl程度が正常範囲ですが、コレステロールの正常値範囲は、120〜220mg/dl程度でやや高めです。悪玉コレステロール値は 120〜150mg/dl程度、善玉コレステロールは40〜70mg/dl程度が、正常値の範囲となっています。