中性脂肪について

中性脂肪とは

中性脂肪とは体の中に存在する脂質のひとつです。私たちの体に脂質は中性脂肪、遊離脂肪酸、コレステロール、リン脂質という4種類が存在しそれぞれに機能が違います。「脂質」と聞くと、太る、肥満、コレステロールがたまって血液ドロドロ、メタボなど健康的なイメージからは遠ざかってしまいますが、中性脂肪を含めたいずれの脂質も生命活動に欠かすことのできない大切な役割を担っています。

中性脂肪は私たちの体内では皮下(皮下脂肪)や内臓(内臓脂肪)に蓄えられ、豚肉や牛肉で言えば白く見える脂身の部分です。皮下脂肪や内臓脂肪は、寒さから身を守り体温がうばわれないようにする断熱材的な機能や、衝撃やけがから内臓を守る緩衝材的機能を持ちますが、皮下や内臓に貯えられた中性脂肪の主な役割は、私たちの生命維持や活動に必要なエネルギー源の貯蔵です。私たちは普段、糖質を活動エネルギーとしていますがエネルギー供給が充分に得られなかった時、運動をしてエネルギーをたくさん使った時などには、貯蔵しておいた中性脂肪が活動エネルギーとして使われます。

中性脂肪は、3つの脂肪酸とグリセロールが結合して構成されています。普段は皮下や内臓の脂肪細胞に貯えられエネルギーの貯蔵・温存に努めますが、必要に応じて分解され脂肪酸になり血液中に出されます。中性脂肪から離れた脂肪酸、これを遊離脂肪酸と呼びすぐに活動に使うことのできる効率的なエネルギーです。体のエネルギーが不足すると中性脂肪が分解されて遊離脂肪酸となり血液に混ざって体内を循環し、エネルギーとして使われます。  中性脂肪は貯蔵のための脂肪でエネルギーの枯渇状況に応じて分解され即効性のある便利なエネルギー、遊離脂肪酸を作り出しているのです。

体温の消失、外部衝撃からの防御、活動のためのエネルギー貯蔵など、中性脂肪には多くの重要な役割がありますが、増えすぎると健康を害す原因にもなります。 脂質や糖質の摂り過ぎ、運動不足によるエネルギー消費が不充分な状態が続くと、中性脂肪が必要以上に脂肪組織に蓄えられて肥満になり、血液中の中性脂肪が増えすぎて高脂血症、中性脂肪が肝臓にたまることで脂肪肝、など様々な疾患を引き起します。

中性脂肪が低いのはどれくらい数値

中性脂肪はエネルギー貯蔵のための脂肪で、体内エネルギーの枯渇状況に応じて自らを分解しエネルギーを作り出します。皮下に貯まった中性脂肪は体温調節に働き、皮下の脂肪が体の放熱をコントロールしています。寒い時は体温がうばわれないように、暑い時には外気温が体内に伝わりにくくする断熱材的機能があります。内臓についた脂肪は、臓器の位置を正しく保ち、外部から受ける衝撃やケガから内臓を守る緩衝材的機能を持ちます。

肥満、糖尿病、高血圧症、脂質異常症は、合併すると動脈硬化や重大な血管疾患を引き起すため「死の四重奏」と不気味に呼ばれており、体内で必要不可欠な役割を担っている中性脂肪も多すぎると病気の原因になります。逆に中性脂肪は低すぎても健康上何らかの問題を起こす原因になるので注意が必要です。

一般に中性脂肪の正常値は50〜149mg/dl内とされており、150mg/dl以上は高中性脂肪血症、30mg/dl以下を低中性脂肪血症と診断されます。低中性脂肪血症で中性脂肪が低くても特別な治療や大きな心配はいりません。しかし、中性脂肪が極端に低いということは身体に必要充分な栄養素が足りていな、エネルギーの貯蓄に乏しいことであり、身体機能に影響が出てくることは否めません。

栄養成分の脂溶性ビタミンなどは、血液中の中性脂肪やコレステロールと一緒に移動して細胞の活性化や粘膜の保護に働きます。血液中の中性脂肪が不足しすぎると、ビタミンA、ビタミンE、ビタミンK、βカロチンなどが上手く機能せず、免疫力が低下、病気にかかりやすくなります。また、血管が弱くなって破れたり、神経の機能が低下してめまいや立ちくらみ、脳神経の不調にまで発展することがあるので注意が必要です。

また病気を発症していて中性脂肪が極端に低くなることもあります。甲状腺機能亢進症(バセドウ病)で甲状腺ホルモンが過剰に分泌されて身体の新陳代謝が活発化し、中性脂肪やコレステロールが消費され、低い値を示すことがあります。

高くても低くても健康に良くない中性脂肪は、日頃からの正常値を保ち、自分の健康に対する意識を持つことが肝心です。バランスの良い食生活ができていない、食事をコントロールするのが難しい中性脂肪が気になる人は、食品の機能成分を生かした栄養補助食品やサプリメントを上手に活用しましょう。

中性脂肪と病気の関係

中性脂肪は生命活動に必要なエネルギーの貯蓄、体温調整、内臓の保護など重要な役割を果たす一方、増えすぎると、健康障害や病気を引き起す原因になります。血中のコレステロールや中性脂肪に気をつけなければならない大きな理由は、生活習慣病にはじまり、動脈硬化や高血圧を引き起す原因となるためです。動脈硬化や高血圧で促される血液・血管の不健康は、現段階で普段の生活に支障をきたしていなくても徐々に生活習慣病を慢性化させ、脳梗塞、心筋梗塞などの血管疾患を発症し、重篤な症状に陥ったり生死を分かつ原因になりかねません。

血液中に中性脂肪が増加→脂質異常症(高脂血症)

血液中の中性脂肪増で危惧されるのが生活習慣病のひとつでもある脂質異常症(高脂血症)です。血液中にはコレステロール、中性脂肪、リン脂質、遊離脂肪酸、4つの脂肪成分が存在しますが、中性脂肪とコレステロールが増えすぎた状態を脂質異常症といいます。血液中の脂質分が多くなって粘性を増し、血液はドロドロの状態になります。この状態が長く続くと血管内壁に脂質が沈着し、動脈の壁が厚くなり動脈硬化を進行させてしまいます。

肝臓に中性脂肪が増加→脂肪肝

肝臓の細胞に中性脂肪が過剰になり蓄積されることで、肝臓の働きが悪くなる脂肪肝を招きます。「沈黙の臓器」と言われる肝臓の病気らしく明確な自覚症状はないため知らないままに病気が進行し、慢性肝炎、肝硬変、肝臓ガンなどを発症、症状が表面化した時には致命的な状態になるケースも少なくありません。

中性脂肪が高い→急性膵炎

急性膵炎はアルコールの多量飲酒、食事による脂肪分の過剰摂取などがあった時に激しい痛みを起こします。膵臓から分泌されて十二指腸で働くはずの消化酵素が、膵臓自身を消化し始め激痛、嘔吐、ショック症状から多臓器不全で命の危険にかかわるケースもあります。中性脂肪値が高い人が起こしやすい傾向にあります。

このように中性脂肪値が引き起す病気は、生活習慣病をはじめ命に関わる重篤な症状まで多くあります。中性脂肪は食生活の見直しから改善が期待でき、日頃から自分の健康に対する意識が肝心です。規則正しい生活、バランスの良い食生活ができていない人は、「小林製薬・ナットウキナーゼ&DHA&EPAセット」「サントリーDHA&EPA+セサミンE」などのサプリメントや栄養補助食品で積極的に健康サポートをしましょう。

中性脂肪の役割

中性脂肪は私たちの体内では皮下(皮下脂肪)や内臓(内臓脂肪)に蓄えられ、豚肉や牛肉で言えば白く見える脂身の部分になります。 中性脂肪の主な役割は、私たちの生命維持や活動に必要なエネルギー源の貯蔵です。私たちは普段、糖質を活動のエネルギー源としていますが、エネルギー供給が充分に得られなかった時、運動をしてエネルギーをたくさん使った時などには、貯蔵しておいた中性脂肪が活動エネルギーとして使われます。

中性脂肪は、3つの脂肪酸とグリセロールが結合して構成されています。普段は皮下や内臓の脂肪細胞に貯えられエネルギーの貯蔵と温存に努めますが、必要に応じて分解されて脂肪酸になります。中性脂肪から離れた脂肪酸は遊離脂肪酸と呼ばれ、すぐに活動に使うことのできる効率的なエネルギーです。体のエネルギーが不足すると中性脂肪が分解されて遊離脂肪酸となり、血液に混ざって体内を循環しエネルギーとして使われます。 中性脂肪は貯蔵のための脂肪ですが、エネルギーの枯渇状況に応じて分解され即効性のあるエネルギー、遊離脂肪酸を作り出しているのです。

また皮下の中性脂肪には、体温を一定に保ちます。私たちは生命を維持するために、体温の調節が必要になりますが、皮下脂肪は体の放熱をコントロールして寒い時は体温がうばわれないように、暑い時には外気温が体内に伝わりにくくする断熱材的機能があります。 さらに内臓脂肪は、内臓の位置を正しく保ち、外部から受ける衝撃やケガから内臓を守る緩衝材的機能を持ちます。

体温調節、衝撃防御、生命活動のためのエネルギー貯蔵など多くの役割を果たす中性脂肪ですが、過剰に増えすぎると健康を害す原因にもなります。脂質や糖質の摂り過ぎ、加えて運動不足によるエネルギー消費が不足した状態が続くと、中性脂肪が必要以上に脂肪組織に蓄えられ太りすぎや肥満になり、血液中の中性脂肪が増えすぎて高脂血症、中性脂肪が肝臓にたまることで脂肪肝、など様々な疾患を引き起します。

中性脂肪は食べ物からの摂取の他、体内で合成され蓄積されていきます。体内合成による脂肪蓄積ケースでは、糖質が基になります。お菓子や果物などに含まれる単純糖質は吸収されやすく、摂りすぎると余剰分は肝臓へ送られ遊離脂肪酸と一緒に蓄積しやすい中性脂肪に合成され貯えられていきます。日頃から食生活の管理に気を配り、必要な場合には中性脂肪を下げるサプリメントや栄養補助食品を取り入れていきましょう。

中性脂肪の平均値と正常値

中性脂肪の正常値は空腹時に採血し血液中に含まれる値が150mg/dl未満とされています。これを基準値とし、この値を超えると高中性脂肪血症、脂質異常症となり血液中の中性脂肪の脂質が多すぎる病気と診断されます。

食生活が変遷するにともない、肉食や外食が増え高カロリーで油脂分の多い食事メニューが多くなってきた日本人の生活は、血液中の中性脂肪の値にも大きく影響してきています。今や日本人成人の半数以上が中性脂肪境界域(110〜150mg/dl)及び脂質異常症にあるといわれています。

男性の場合、30歳を過ぎた頃から中性脂肪値は急激に上昇し、60代を迎える頃には基準値を20〜30mg/dl超える増加傾向にあります。一方女性は、20代から40代にかけて中性脂肪値は増加しますが、男性のそれに比べると非常に低く50代後半まで基準値を上まわることはありません。これは女性ホルモンが脂質代謝をコントロールしているためで、閉経を迎える頃には女性ホルモンが減少し中性脂肪が急激に増加します。  総じて働き盛りの男性、更年期にかかる中高年女性は中性脂肪の増加に注意が必要です。

中性脂肪と遺伝

中性脂肪が高い値を示す原因には、食べ過ぎによる肥満、多量なアルコール摂取、脂肪やカロリーの高い食事など食生活に起因するもの、糖尿病、甲状腺機能の低下、ネフローゼ症候群、腎不全など他の病気に起因するものの他、遺伝が影響することもあります。

生活習慣が原因で中性脂肪が高い人の割合は約7割を占めます。中性脂肪が高めに出る、血液の健康状態などは普段の生活習慣から誘発されることが多く、遺伝的因子とともに環境因子も大きく関わっています。基本的に子供の食事や規則正しい生活習慣を促す役割を、その家庭で母親が担っているとすれば、当然母親の食習慣や生活パターンが子供の生活習慣となっていきます。家庭の生活習慣は家族皆で共有し継承していくことが多いので、家族内で中性脂肪が高い人が多い場合は、自分の中性脂肪も高めに出る確率は高くなるでしょう。

中性脂肪の値が生活習慣に起因しない残りの3割の中には遺伝的要因も考えられます。  遺伝あるいは遺伝的要因で起こる脂質異常症を家族性脂質異常症と言います。先天的に脂質代謝がうまく機能せず、血液中の脂質が異常に高くなる病気です。脂質の値が高くなるだけでなく、病気が進行すると脂質異常によってもたらされる動脈硬化、尿酸値や血糖値の上昇などの疾病をともなうため、医療機関での適切な治療が必要になります。異常値を示す血中脂質の種類により分類されています。

家族性高コレステロール血症

生まれつき脂質代謝に関する機能を持っていない、もしくは機能が低いためにコレステロールが細胞に取り込まれず血液中にコレステロールが異常に滞る病気です。500人に1人の割合で発症し、普通の人と同じ食事をしても子どもの時からすでにコレステロール値が高い値を示します。若くても動脈硬化や心筋梗塞を起こしやすくなります。また外症としてコレステロールがたまってできる黄色腫という皮膚病変がアキレス腱、眼瞼、ひじやひざなどの関節部などに見られる場合があります。

家族性高中性脂肪血症

肝臓で中性脂肪が異常につくられる一方で、細胞に脂肪がとりこまれないもしくはとりこまれにくくなり血液中の中性脂肪が高くなる病気です。300人に1人の割合で発症し、成人してから発症する傾向にあります。食生活の乱れや暴飲暴食がそのまま続くと中性脂肪は増加し続け、尿酸値や血糖値の増加も見られます。

中性脂肪と自覚症状

中性脂肪の値が150mg/dl以上になると血液中の中性脂肪量が正常値を超え、脂質異常症(高中性脂肪血症)と診断されます。しかし中性脂肪値が正常値を超えたとしても特に主だった症状はなく、健康診断などの血液検査によって診断されるケースがほとんどです。

中性脂肪で気をつけなければならない大きな理由は、病気が進行していても自覚症状に乏しいため、つい放って置いてしまいがちになってしまうことです。体調に異変を感じ、症状が表面化してくる頃には、病気が進行しており突然生死を分かつ場面に直面するというケースが少なくありません。

中性脂肪が増えて血液が不健康、肝臓に負担がかかっていても自覚症状はほとんどありません。 中性脂肪とコレステロールが増えすぎた脂質異常症では、血液中の脂質分が多くなって粘性を増し血液はドロドロの状態ですが、痛みもなく生活に支障を感じることもないでしょう。この状態が長く続くと血管内壁には脂質が沈着し動脈の壁が厚くなり動脈硬化を進行させてしまいます。 肝臓の細胞に中性脂肪が過剰になり蓄積されることで、肝臓の働きが悪くなる脂肪肝。「沈黙の臓器」と言われる肝臓の病気の通り、初期の段階では無症状に近い状態です。何も知らないままに病気は体を蝕み、慢性肝炎、肝硬変、肝臓ガン…症状が表面化した時には致命的な状態です。

いくら自覚症状がないとは言え、身体は負荷がかかり、異常をきたしている状態であれば何らかのサインを必ず発しています。「痛みがないから大丈夫」「これぐらいは我慢できる」などと過信せず、自分の身体が発するサインを見逃さないようにしましょう。自分の健康状態と最近の生活習慣を照らし合わせて見るのも効果的です。 日頃から定期的な健康診断を健康のバロメーターにするなど健康に関心を持ち、健康と向き合うことを習慣化することが大切です。そして大きな病気を招く前に、規則正しい生活、バランスのとれた食生活、適度な運動を心掛けることましょう。

中性脂肪数値改善のポイント

医師や病院、薬を服用してのサポートが必要ない程度の中性脂肪値であれば、自分で改善していくことは充分可能です。運動をして脂肪を燃焼する、禁煙やストレス解消に努め生活習慣を見直すなどがありますが、脂肪量は日頃の食生活に大きく影響されるため、中性脂肪改善の中核は食事療法にあります。食事療法は最も安全で効果的な改善法であるとともに、食事内容を見直し、食べ方へのちょっとした配慮を守って継続すれば確実に効果が得られます。

1. 食べすぎをやめ、適正な食事量にする

中性脂肪が高めの人に多く見られるのが食べすぎです。栄養価の高いカロリーをたくさん摂取しても体内で消費しきれなければ、糖質も脂質も貯蔵用エネルギーとして中性脂肪が蓄積されていきます。標準体重と生活活動レベルから1日に必要なエネルギー量を把握することが必要です。

2. 偏食をやめ、栄養のバランスが取れた食事にする

主食だけ、1品料理、果物が好きだから果物だけなど偏った食事を改め、炭水化物、脂質、タンパク質、ビタミン、ミネラルに加え食物繊維をバランスよく食べることを心掛けましょう。多種類の食材を少量ずつ食べる上では和食の献立が理想的です。

3. 甘いものを控える

甘いもの、清涼飲料水、果物などの糖分はご飯やイモ類に含まれる糖質よりも腸での消化吸収が早く、余分な糖質は中性脂肪へ合成され体内に貯蓄されていきます。砂糖は1日30〜35g、果物では80〜100kcalを目安にするとよいでしょう。

4. 脂質の多い食品は控え、質のよい油脂分をとる

食生活は中性脂肪に直接影響してくるので脂肪の摂取を控えることは必須です。1日50〜60gを目安としDHA、EPA、リノール酸など中性脂肪を下げる効果のある機能性油脂分を賢く利用するよいでしょう。

5. 飲酒を控える

アルコールは中性脂肪の合成を促進させる働きがあるので、中性脂肪を改善するに禁酒、節酒に努めることが必要です。適量を守り楽しく飲む分にはリラックス効果があり構いません。

バランスの良い食生活ができていない、食事をコントロールするのが難しい人は、食品の機能成分を生かした栄養補助食品やサプリメントを上手に活用するようにしましょう。

中性脂肪とアトピー

アトピー性皮膚炎とは、気管支喘息や鼻炎などの蕁麻疹を起こしやすいアレルギー体質に刺激が加わって、かゆみや湿性のただれを伴う慢性的皮膚炎疾患と考えられています。アトピー性皮膚炎を発症する約80%が5歳までの幼児期で年齢により現れる症状が異なります。人特有の遺伝性敏感症です。

最近では脂質がアトピー性皮膚炎の原因に関与していることが分かってきました。中性脂肪やコレステロールなどの脂質は本来、貯蔵エネルギーであり、ホルモンや消化液合成、細胞膜構成に関わり体内で重要な役割を担っています。しかしこれらの脂質が活性酸素と結びつくことで過酸化脂質を形成し、アトピーを発症しやすくなります。

活性酸素は体を細菌やウイルスから守る役割があり、本来人間にとって必要な存在ですが、増えすぎると自分の体細胞まで破壊し、脂質と結びつくことで過酸化脂質を発生させてしまいます。

過酸化脂質は脂肪性であることから細胞内に浸透しやすく分解されにくい性質があり、長期間体の内部に存続しその毒性で細胞を徐々に破壊していきます。過酸化脂質は臓器、血管、皮膚など体のあらゆる部位に沈着浸透し細胞を破壊していきます。アトピー性皮膚炎の場合は過酸化脂質が皮膚細胞にでき、皮膚角質層の保湿機能を奪われることで皮膚のバリア機能が低下し、ホコリ、ダニ、刺激に弱くなってしまいます。 アトピー性皮膚炎の原因は、活性酸素が中性脂肪やコレステロールなどの脂肪分と結合してできた過酸化脂質が皮膚角質層の保湿やバリア機能を奪うことにあるのです。

中性脂肪など脂肪分が活性酸素と結合してできる過酸化脂質は、アトピー性皮膚炎に加えて体に様々な害をもたらします。血管に過酸化脂質が付着することで血管の弾性を失い、血流が悪くなり動脈硬化を促進、脳梗塞、心筋梗塞を発症します。瞳孔のレンズ内部に過酸化脂質が付着することで老人性白内障発症します。

過酸化脂質をつくる活性酸素は、紫外線、残留農薬、食品添加物、排気ガスなどの環境によるもの、インスタント食品や加工食品の増加によるミネラル、ビタミンE・Cの不足など食生活によるものが考えられます。これに加え、肉、乳製品、生クリームやチョコレートなどの脂肪分をとることで、過酸化脂質を増加させてしまいます。アトピー性皮膚炎改善には食生活の見直し、特に活性酸素と結びつく中性脂肪やコレステロールを下げる食事改善もひとつの効果的な対策です。

中性脂肪と悪玉コレステロール

コレステロールとは、人間や動物の体内にある脂質のひとつです。コレステロールは血液中だけでなく脳、脊髄、肝臓、副腎、小腸、脂肪組織など全身の様々な部位に含まれ、成人体内で全量にすると100〜150gくらいあります。このうち血液中に含まれるのは約10g程度です。 私たちの体は1日に1〜2gのコレステロールを必要としますが、食事からの摂取は約30%、肝臓などの体内で70%合成されています。食事からとったコレステロールは全て体内に吸収されて使われるわけではなく、約50%は排泄されてしまいます。さらに体内のコレステロールが多いときには小腸での吸収が抑えられ、バランスを調節する仕組みが働きます。

コレステロール=生活習慣病、動脈硬化、肥満…など健康を害する因子としてのイメージが強くありますが、私たちの生命維持に欠かすことのできない重要な役割を担っています。 コレステロールは細胞膜を構成する成分のひとつであり、副腎皮質ホルモンや性ホルモンに代表されるステロイドホルモンの材料です。さらに消化液のひとつである胆汁の主成分である胆汁酸もコレステロールを原料に合成されています。コレステロールは生体内でこの3つの必要不可欠な役割を担っているのです。

コレステロールには、悪玉コレステロール(LDL)と善玉コレステロール(HDL)があります。この2つを合わせてコレステロールであり、悪玉と善玉は同じコレステロールでありながら違う働きをします。悪玉コレステロールは、肝臓や腸でつくられたコレステロールを全身に運ぶ役目をしています。運ばれたコレステロールは細胞膜やホルモンの材料として各部位で使われます。悪玉コレステロールが急激に減少すると、ビタミン吸収が低下し神経や網膜に支障をきたします。逆に必要量以上に増えすぎると、血液の粘度が上がってドロドロの血液となり血管壁に付着しやすくなります。さらに活性酸素と結びついて酸化・沈着が進むと、動脈硬化を引き起こす原因になります。

中性脂肪と悪玉コレステロールは密接に関係しており、中性脂肪の増減によってコレステロールの量も増減します。中性脂肪が少なくなると善玉が増え、中性脂肪が多くなると善玉が減り、悪玉が増えます。直接的に動脈硬化を促進しているわけではありませんが、中性脂肪は間接的に動脈硬化を進行させ、動脈硬化ができやすい環境を作る因子です。 中性脂肪が気になる人は規則正しい生活、バランスの良い食生活を心掛けることが大切です。中性脂肪を下げるEPAやDHAを配合した効果的なサプリメントや栄養補助食品で上手に中性脂肪コントロールすることもオススメです。